セーラー服の購入時のおススメ(小売店さんで購入される場合)

昨日は一日小売店さんと採寸会場で来年度中学校に上がる子供たちの採寸をやっていました。 最近の小学生は背が高いですね~自分のことはセーラー服の製造元なんで女の子の担当になったんですが、昨日来た子はみんな150センチ以上ありましたえっしかもヒールのやたら高いブーツをはいている子が多かったので、採寸(実際に測るのの)担当の小売店の奥さんよりも縦方向には大きく見えました。 そこでの話なんですが、クーフィーズのセーラー服なんですが前身頃(制服の前側)にスーツとかにも使ってる芯地を入れているんですが、他のメーカーさんには芯地入れていないところもざらにあるらしいですね叫び (写真は違うタイプのセーラー服です) 芯地が入っていないとシワがつきやすく見栄えも悪いし長年使ってるとどんどんヘニャヘニャになってくるのですが…。生地をその分使うし工程も増えるので確かに手間なんですけどね。 セーラーカラー(セーラー服の衿部分)にも芯地を貼ってないところがあるとの事を小売店さんが言っていたのですが、まあ学校さん指定の制服でそうである場合は、コストとか色々協議を積み重ねた結果なので問題はないのですが、一般的なセーラー服の場合でそういうのがあったらそこの小売店さんに確認されたほうがいいと思います。 小売店さんに聞けないなーという場合でも、そで部分とか後ろ身頃とかの生地と触り比べて、堅く感じたら芯地が入っていますので親御さんは購入される前に制服をちゃんと触って確認されるほうがいいと思います。 せっかく購入された制服がすぐしわくちゃになったらお手入れも大変ですからね。