セーラー服&ブレザー用の箱

本日は静岡経営塾第二回目の 財務力強化『数字に強くなる財務分析の手法』です。 塾は18:30からなんですがうれしいことにお弁当つきです(・∀・) いろんな会社の人が来ていまして静岡を代表するあんな会社やこんな会社の社長さんやら志をもった20代の社員さんやらいろんな人が塾生です。まあ、クーフィーズと同じ制服関係というか衣料関係はうち以外いません…というか静岡にはそうないので(;^_^A 同じもの作りでも、機械部品や建築関係なんかは結構あります。 11月には先進事例企業視察で一泊二日の研修旅行もあるんで楽しみです。 それと先ほど箱の整理をしておりました。箱っていうと、まあそのまんまなんですがセーラー服とかブレザーを入れる箱の箱です。 ←こういう箱が入っている箱です。 そろそろ時期的に必要になってくるので、ちょっと離れたところにあるうちの一番大きい倉庫から裏の物置に移動しておきました。 このひと箱に25組分の箱が入っています。 自分は確か物心ついたときぐらいからこの箱をこしらえていたんでキャリア25年以上になりますか…改めて考えると四半世紀ほどですね( ̄ー ̄; 大岡越前や水戸黄門(助さんが里見浩太郎の時のが好き)を見ながらこしらえていた時を思い出します。それからセーラー服とかブレザーの仕上げを手伝いようになったのは小学校中学年くらいからです。 ちなみにこの中にクーフィーズの通販用の箱も混ざっております。量的には全然足りないので何べんも往復する事になりそうです。