制服工場の製品

写真の通り、色々なアイテムが現在出荷準備中ですので写真に撮ってみました。 ←制服がメインの工場ですがこんな魚河岸シャツもつくっていたり… ↓幼稚園の園服があったり 先日まで地元の小学校の給食着を裁断しておりました。 こんな感じで結構多種多様な制服?を製造しています。元々クーフィーズの制服工場は、戦前にはモンペを作っていた工場なんですが、戦後よりスクールグッズを手がけるようになって現在に至るという感じです。 それにしても魚河岸シャツは、小売店さんからのオーダーなんですが、もう9月に入るっていうのにまだまだ売れるんですね縲鰀( ̄▽+ ̄*)。今年は異様に暑いし、全国区のテレビ番組でも放送されていたんで、きっと根強い人気があるんでしょうね。焼津に配達行ったときなんか、ちらほらと来ている人を見かけます。 対して清水シャツはさっぱり出てきませんね(´・ω・`) クーフィーズの制服工場から清水中心街?の清水銀座、駅前銀座周辺は歩いていける距離なんですが、今のところ着てるのを見たことが…Y(>_<、)Y ネット通販はしてるんでしょうか?地元民としては大いに盛り上がってほしいところです。 園服は結構いろんなところのを作っています。それ以外にも小学校の制服もつくっているんですが、学生諸君はずいぶん成長する時期なんで頻繁に大きいサイズをお買い求めに工場までいらっしゃいます。 『今5年生なんですけど卒業まで着られるかしら?』 という事を父兄さんから聞かれているんですが、その子がどのくらいまで背が伸びるのかってのはさすがに見当がつかないので(-"-;A  学生服としての耐久性は通常の使用だったら保証できるんですけどね(^_^;) ブレザーでもスカートでも出来るだけ成長にあわせて丈とか裾を調整できるようにつくってありますが成長には追いつかないです。 ちなみに昔は採寸時に高校生に対しても大きめ着せていたんですが(そのほうが父兄さんは喜ぶ)、今年の入学前の採寸だとジャストサイズをしっかり主張する生徒さんが増えました。小売店さん曰く、サイズが大きいと後で交換に来られる生徒さんもいらっしゃるとのことなんで、在庫のサイズ管理も大変です。 クーフィーズの制服工場では、せっかくいろんな制服を作っているってのもあるし、ある意味ですが日本のカルチャー的な側面もあるんで、ジャパニーズ・カワイイ・スクールグッズとか世界に向けて売りに出していける要素満載かな、今円高だしと思う今日この頃です ( ̄ー ̄ まあ、海外向けに今の通販体制では色々無理がありそうですが…