紡毛糸スカート生地

一時的にクーフィーズのホームページがおかしい事になっていましたが、無事もとの状態に戻ることが出来ました。 業者さん曰く、ホームページビルダーが勝手にcgi変えちゃったんじゃないでしょうか?だそうですが素人の自分にはよくわかりません(ノ_・。) 不安だけが残ってしまいました(゚Д゚|||) 気分転換に制服の生地の話を。 以前、クーフィーズを立ち上げるときに、某生地メーカーから提案されたスカートなんですが没になったやつが本日倉庫から出てきました。地元の公民館でやるバザーにでも出そうかなと話しているんですが、写真ではよくわからないと思いますが、紡毛織物です。 それはなんぞや?ってことで説明しますと、 毛織物は大別すると疏毛と紡毛っていうのがあります。 ■疏毛糸(worsted yarn)…長めの品質のよい羊毛糸を使った糸(サージとか) ■紡毛糸(Woollen yarn)…毛足の短い繊維等を使用しているため毛羽立っているが温かみがある感じ(カシミアとか) 通常ブレザーやスカートなんかのスクールアイテムは、サージって名前の疏毛織物を使うんですが、このスカートって紡毛なんです。 なので温かみのある感じなんですが毛羽立っていてスクールグッズか?と聞かれるとちょっと…なので没になった経緯があります。 サージに比べると安価で模様も非常にたくさん用意出来るんで非常に惜しいんですが。 マフラーになら使えるかな?なんて今ちょっと思いました(°∀°)b ってそうなんです!マフラーみたいな生地なんです。それがスカートだとスクールアイテムっぽくないよね縲怩ニいう事なんです。 生地の種類も数え切れないほどあって、この間の紡績工場のデザインオフィスなんかでも数万点の織物をストックしてあって、…まあ中には柄違いってのも多々あるんですが、現代の最新の織機では再現不可能な毛織物も数え切れないほどあります。 それだけのストックがあっても制服ってドレスコードの意味合い考えたり、気候とかその他いろんなフィルターをかけると使用すべき生地ってすごい絞られてくるんで、やっぱり何事も適材適所があるんだと思います。