セーラー服小口裁断

現在小口のセーラー服の裁断をやっております。 クーフィーズの制服工場ではロット数の多い場合は裁断機を使うのですが、数着分しか裁たないときはハサミで裁断をします。 2着分でも50着分でも裁断にかかる時間はそんなに変わらないので(パターンを並べたり生地を織り重ねる手間が増えるくらい)、出来ればまとめて裁ちたいな~と思うのですが、小売店さんの要望がその数なので(;^_^A 縫製担当に早くまわさなければならないので急ぎで行っていますシラー 今日は朝のNHKで国内縫製業が海外に押されてがたがたになっているという特集をやっていましたガーン 大量に生産する場合は中国なんかに持っていったほうが安いんでしょうが…ちなみにクーフィーズの制服は生地から縫製まで全て国内産です。グッド!(ウール生地に使ってる毛は海外産です。メリノウールっていい原料使ってます) 通常のアパレルに比べて学生服って遥かに小ロットでその割に欠品は許されない!しかも入学シーズンは恐ろしいほど忙しいって環境なんで色々大変です。 業界情報では中国工場もかなりメリットがなくなってきているらしいですし。 ですけどうちなんかはこんな感じで自社工場ですぐ作ってしまえるんで、○○高校の女子Mサイズブレザーが1着足りない!とか××中学のセーラー服のLLを袖長何センチで作ってくれ!って時にすぐ作ることができます。 毎年の新入生の体型を100%予想してサイズぴったり制服在庫を作っておくなんて不可能ですからね(;^_^A こういった小口生産も大事になってきます。