公立高校核に人材育成って

文科省の方針で公立高校核に人材育成ってことで地元自治体や企業と授業するって記事が今朝の静岡新聞に載っていますね。似たような取り組みはすでに行われているのですがついに新聞記事でもドーンと載るようになりましたか。ちなみに高大接続改革とリンクしてるのかな?

最大の目的は、子どもたちの「生きる力」を育むこと

これら教育にまつわる法律・基準の“理念”として近年重きが置かれているのが「生きる力」を育む、という概念です。

「生きる力」とは何でしょうか。現行の学習指導要領によると「変化の激しい社会で生きる子どもたちに身につけさせるべき力」とされ、「確かな学力」「豊かな人間性」「健康・体力」の3要素で構成されています。
 

って高大接続改革でググると載っているのですが、まあ詳しいところはわかりませんが生徒に地域課題を考えさせる授業を実施することは「生きる力」を育むことになりますでしょうしねぇ。

(それにしても文科省って今は接待接待接待のところか・・・)